いいかんじ

いいへんじのひとです、いいかんじです

そろそろ次の記事を投稿してみませんか?

とのお知らせが、はてなブログから届いた。ああ、もうひとつきも経ってしまったんだ。いろいろなことがじわじわと変わっていったひとつきだった。

劇団のブログを開設したので、こちらには何を書いたらいいのか分からなくなってしまった。というか、あちらとこちらがオモテの顔とウラの顔みたいになってしまうような気がして、それはなんかちょっとちがうんだよなあ、と思ったり、まずわたしが何をもってあちらに書くかこちらに書くかを決めるかが難しい。ので、これからこちらには詩歌を残していきたいと思う。

そもそも、何を書くかを決めずにこのブログをはじめたら、結果的に「面と向かっては言えないけれど、めちゃくちゃ言いたいことがあって、あなたに言ってるんですよこれというのをめちゃくちゃにおわせつつ、なんかいいかんじに書くブログ」になっていた。あくまでも、いいかんじに、それっぽく。「あなた」ではない「だれか」は、これを読んで何を感じたんだろう。はあ、恥ずかしい。もうわたしはあのときのわたしではないから、その「だれか」に近い。何うだうだ言ってんだよ直接言え!って、まあ実際に直接言ったからそう思えるのだけど。もしくは、もう、?

人間失格』の稽古で、人間の条件について考えた。そのひとつは、「だれかにとってのあて先であること」だと思った。直接的な感情、他でもないわたしに対する感情。それは、伝える伝えないは別として、伝える類のもの、みたいな。うまくは言えないけれど、とりあえず、わたしあての気持ちがわたしに届いたり、だれかの中に下書きのまま残っていたりする思う。わたしが人間なら。というか、そうであってほしいという希望。

強く、何かを思うとき、それがあて先のある感情なのか、はっきりしない感情なのかどうか、それだけは分かっていたいと思った。それをごちゃまぜにして、なんでもかんでもポエムみたいなものにしちゃいけない、と。そうしてなかったらもうちょっと違っていたのかもしれない、何かが。あの夜、ちょっとだけ後悔した。何を言いたいのかというと、何かちがうかたちにして気持ちを表現したいなら、ちゃんとあて先に届けてからにしようと決めたということ。

とりあえず、こっちは詩歌用に。あのときを大切にするための場所にします。