読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいかんじ

いいへんじのひとです、いいかんじです

上塗り

きれいごとは、きれいでないことをきれいだというから、きれいごとなんだろう。だとしたら、あの夜のすべては、きれいだ。きっと、きれいごとなんかじゃない。わたしが言う、わたし自身が言うんだから、きっとそうだ。そうだろう、世界。そう言わせてくれ、世界。世界という名の、小さな世間。

お人好しで、期待されがちで、いつもめちゃくちゃ不安なくせに、返事だけはいい。自分が好きな自分が嫌いで、嫌うことだけで救われていた。確かなものにしてほしかった。ほかでもない、あなたたちに。それ相応のものをずっと保ってきたつもりだったけど、いろんなものが溢れ出して、失望されるのがこわかった。「えーマジ、意外と気が小さいんだねえ」

正直、あの話が聞ければ、もうそれでよかった。負け惜しみではなく、きれいごとではなく、ほんとうに、満たされたんだ。ひとからは言われなれているそれは、ずっとうれしくもなんともなくて、イヤになりつつあるくらいで、でも、あなたに言われて、うれしかった。言うまで、言われるまで、気づかなかったけど、ほんとうはそれが聞きたかっただけだったんだ。わたしが泣いたのは、恋のせいじゃない。そんなものとっくに終わっていた。

高い珈琲、いつもの感じ、安いメッセージ、23時、5時、朝日の中を歩くことが、東京に来て増えてきた。全部、全部、踏みしめるたびに、強くなってる、って思った。

屑だ。ほんとうに、屑だ。こんなに屑だとは思わなかった。でも、愛してる。屑だけど、屑だから、愛してる。いままでも、いまも、たぶんこれからも、悔しいけど、愛してしまう。わたしがいちばん狂ってるんだ。

わたしは逃げない。だれかを愛することでしかわたしを愛せないことから、逃げない。うそ。どうしたってわたしはわたしを愛してしまうことから、逃げない。どうしようもないあなたたちを愛してしまうことから、逃げない。逃げない。強いから。

まーた言ってるよ、って思うでしょう。面と向かって言わないくせに、愛してるとか言ってんじゃねえ、って、思うでしょう。それからも、逃げない。詩的な、曖昧な、だれかさんのような、比喩表現には、逃げない。句点を使う。まっすぐに書く。

っしゃ!月並みの歌みたいで、きれいだ!それはそれで、それとしてきれいなんだ、全部。