読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいかんじ

いいへんじのひとです、いいかんじです

そろそろ次の記事を投稿してみませんか?

とのお知らせが、はてなブログから届いた。ああ、もうひとつきも経ってしまったんだ。いろいろなことがじわじわと変わっていったひとつきだった。 劇団のブログを開設したので、こちらには何を書いたらいいのか分からなくなってしまった。というか、あちらと…

上塗り

きれいごとは、きれいでないことをきれいだというから、きれいごとなんだろう。だとしたら、あの夜のすべては、きれいだ。きっと、きれいごとなんかじゃない。わたしが言う、わたし自身が言うんだから、きっとそうだ。そうだろう、世界。そう言わせてくれ、…

あの

あの、渦を巻くような熱、爆音の中で、わたしたちは、たしかに、声を、目を、肌を、合わせていた。あのとき、あなたが「冗談じゃなくて、本気で」という類の言葉を発したこと、あなたは、覚えているだろうか。 冗談じゃない、という、冗談だったのだろうか。…

花冷え

どちらも、愛しているけど、あなたも、どちらも、愛しているんだろうけど、どちらも、手に入れられるのは、わたしか、あなたか、どちらかでしょう、そしたら、わたしは、あなたを、嫌いにならなきゃいけないの? それが、こわかったの でも、いいかげんにし…

前夜

ワンピースを着た。いつもよりも時間をかけてお化粧をした。美味しいものを食べた。ずっと会いたかったひとに会って、お話をした。だれかのためのものだと、つねづね思っていることを、今日は、わたしのためにした。今日は、ゆるしてほしかった。 いつだって…

チーズケーキ

わたしは、ここにいたい。 だからこそ、目を離したすきにいなくなっちゃうようなひとに惹かれるんだろうし、惹かれるひとは目を離したすきにいなくなっちゃうんだろうなあと思う。 どうしたら、目を離したすきにいなくなっちゃうようなひとが、ここにいてく…

いちばん

ものごとには順番というものがありまして、その順番というものにもいろいろありまして、どの順番にしようかという、その順番もありまして、順番順番言いすぎて、何がしたいのかわかりません。 待っているひとがいるのかもしれない。なんとなくそんな気がする…

折り返し、各駅停車

東京に戻るのはいつも朝で、今日はあんまり急ぐ理由もないから、寄り道をしている。中学の頃の友人から、パンとコーヒーを買った。ぽわっとして、いつも何考えてるか何言ってるか分からないような子だったのに、いまではあんなにしゃんとして、「もう戻っち…

ぐるぐる

またやってしまった。 何も考えずに、言葉にしてしまうし、ずっと考えていることは、何も言葉にできない。何も考えていないのはもちろんだけど、ずっと考えているだけだってだめだ。そんなの何も考えていないのと同じ。だって、ふたを開ければ、同じところを…

分からない

分からないひとの気持ちが、分からないひとにだけはなりたくないな。 分かってしまう、というとおかしいけれど、みんなが分からないということが、分かってしまうことがあります。それも、けっこうあります。そんなときわたしは、分かったことをたしかめたく…

いいみくじ

きのう、おみくじをひきました。吉でした。 ■ 弓を引けばねらい通り、鹿を射ることが出来るように、自分の行いが直接成功に結び付いて行くでしょう。 ■ 良き道案内に導かれるように、良き目上の人から援助や助言を得られることでしょう。 ■ 智恵のある人の教…

2017

あけましておめでとうございます。 やっぱり忘れっぽいから、すぐに書きとめる。あたらしいことやちがうことをこわがらない。これまで大切にしてきたことは、これからも大切にしていく。言葉では伝わらないとしても、わたしには言葉しかないのだから、言葉に…